うつ病を知って自分も周りも暮らしやすい世の中に

 

なりやすい人

うつ病というのは、誰にでもなる可能性のある心の病気です。
うつ病になる原因というのはいくつか存在します。しかし、うつ病を発症する人には特定の特徴があります。そこで、うつ病になりやすい性格の人というのを紹介します。

・真面目
真面目とは非常に良いことですが、場合によっては、真面目であるがゆえにうつ病になってしまいます。真面目な人というのは基本的には几帳面です。また、全てにおいて完璧でなければ気が済みません。完璧にこなすために、自分を追い込んでしまい、ストレスとなってしまいます。

・他人の評価が気になる
常に、自分がどう見られているか気になる人というのは、他人に良いように見られるために自分の素の姿を見せずに、なんでも頑張ってしまう傾向にあります。頑張り過ぎることで心身ともに疲れてしまい、うつ病を引き起こすおおそれがあります。

・自分の気持ちが言えない
自分が思っていることをなんかなか表現することが出来ない人もうつ病になりやすいです。こうした人は、自分の中に溜めこんでしまいますので、発散することが出来ず、心身ともに疲れてしまいます。

このようなタイプに当てはまる人というのはうつ病になりやすいです。
上記の他にも、頑固、神経質、潔癖症、責任感が強い…などうつ病になりやすい性格はいくつかあります。また、人によってストレスの感じ方は違います。そのため、当てはまるからといって必ずうつ病を発症するとは限りません。

うつ病になりやすい傾向を知り、自分や周囲の人が当てはまっているという場合には気をつけるようにしましょう。

Copyright(c) 2015 うつ病を知って自分も周りも暮らしやすい世の中に